本文へ移動

ブログ 受験/進学よろず猪名川塾日記

ついに県立高校25年度再編統合・対象校発表!第2学区阪神地区は「西宮北高校」と「西宮甲山高校」!猪名川・川西地域の県立高校は今回対象外でした。

2022-07-22
注目重要
◎兵庫県立高校数削減・再編統合を正式発表!
去る7月14日の兵庫県教委の記者発表を受けて、神戸新聞が同日夕方「【速報】兵庫県立高校再編、統合対象の14校を発表 中播磨の2校は継続して検討に」との見出しで報じました。

◎記事はこちら!以下をクリック!
神戸新聞 2022年7月14日付

◎記事の元になった記者発表
記事元を探しました。県教委HPトップにある真ん中の「記者発表」タブをクリックして、日付を特定して探すと県立高等学校教育改革第三次実施計画2022年3月17日「高校教育課」発表が見つかりました。クリックいただくとご覧いただけます。PDF資料です。神戸新聞の記事はこれをもとにまとめたものです。

◎25年度「西宮北高校」と「西宮甲山高校」
3月17日の発表では、再編統合計画の中で、第2学区は阪神地区で①25年度に2校→1校/②28年度に2校→1校とされていました。そしてそのうちの①25年度に2校→1校分の統合が「西宮北高校」と「西宮甲山高校」であると7月14日に発表されたわけです。「夏休みまでに発表」という兵庫県教委の3月時の約束は何とか守られました。そして、今回の25年度の統合分にこの近隣の猪名川・川西地域の県立高校はありませんでした。3年後の次の統合対象高校発表が注目されます。

◎神戸新聞の続報
通学また遠くなる」「進路、私立や他地域も…」 県立高校再編、広がる落胆と戸惑いと題した続報記事を出しています。

◎現中3が高校入学後高3になったとき?!
現中3は来春の入試で、統合前2高校に受験して入学することができます。第2学区ならば「西宮北高校」と「西宮甲山高校」です。気になるのは、この学年の生徒がこの2校にそれぞれ入学後した場合、新高3進級時にどうなるかです。

◎教育委員会に電話して確かめました。
兵庫県教委・高校教育課の担当者の答えは以下の通りです。①現中3生は、来春統合対象の2校高校A・高校Bに入学。高3時進級時、2校が統合されて新高校Cが誕生しますが、新高校Cの生徒にはなりません。例えば高校Aの敷地に統合新高校Cが設置された場合は、その敷地に新高校Cの新高1生と統合前高校Aの新高2生と新高3生が通うことになります。一方、敷地に統合新高校が設置されない高校Bは、新高2生と新高3生だけで、新高1がいない高校となります。この新高2が翌々年卒業して閉校となります。つまり、統合新高校の第1期生は、現中1が中3となって受験をする2025年度に誕生します。

◎最後の卒業生になるのは?
このことから現中2生が統合対象の2高校に入学した場合、その2高校の最後の卒業生となります。切ないですね。
072-765-1522
お電話でのお問い合わせはこちら
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2022年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2022年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • イベント授業実施日
  • 休校日
  • 特別講座
温真会 北摂進学教室パークタウン
〒666-0251
川辺郡猪名川町若葉2丁目
 8番地の5
TEL.072-765-1522
FAX.072-765-2922
e-mail info@onshinkai.co.jp
TOPへ戻る